休日前夜

明日は休みだが



この休日というもの



おそらくあっという間に終わってしまう



だから休みの前夜が



私のホントの休日



さてさてゆっくり過ごしましょうと



思う間もなく



私を襲う睡















だっ



自宅介護

内科が月一受診


糖尿センターも月に一度


整形は次回は八月


介護に欠かせない病院受診に


明日から皮膚科も追加


高齢者は皮膚が弱いのである


まぁ、、、


歯医者が無いだけ良しとしよう(入れ歯だからね)

法律事務所

仕事が終わって、法律事務所へ示談の話を聞きに行った



相手からお金は預かっており、それを返金する事で示談にして欲しいとの考え



弁護士側としては被害者に慰謝料を加算したい所らしいが自身、子供共に生活保護を受けており、多くは望めないそうだ



「お金が戻ってくればそれだけで結構です」



「そうですか。いい人で良かった。ありがとうございます」



刑罰はまだ確定していないそうだが、事件は発生してから数えて140日目にしてようやく解決したのだった

経理

引き続き前の会社での出来事


それから更に数年


まぁ、休みも増えて


仕事もあるのだから


このご時世、幸せと思わねばなるまい


仕事の時間は少くなったが


今の給料なら全く問題無し


頑張って働こう


と、心に決めた私


そんな矢先


例によって上司に呼ばれ


「すまん、君に給料払いすぎてた」


経理のミスで


過剰に給料計算


一度もらったものをいきなり返せとは非情極まりないが


申し訳ない、を繰り返す上司にも罪はなく


分割での返金を受け入れた


ま、珍しい体験だったという思い出(笑)

労働基準法

そういえば以前働いていた会社


週休一日のバイト


残業分はきちんとくれたので


収入もそこそこ


頑張って働いていて数年経った頃


上司に呼ばれ


「すまん、君を働かせ過ぎた」


と言われた


労働基準法はバイトには適用されないと勘違いしてたそうで


今の勤務状態は労働基準法に違反


その後社員と同じく週休二日に


まぁ、違反してまで働くつもりもなかったが


働いただけお金になった期間、私に稼がせてくれた訳で


ちょっぴり残念といえば残念


な、思い出
前の記事へ 次の記事へ