熊本地震

テレビの左側に書かれている文字が




『余震に警戒』から




『今後も警戒』に変わった




地震も余震も4月の出来事




今日で終わりにならないものか


〜妻もようやく車から家泊へ〜

ゆんの小休止(ぐだぐだpart2)

引き続き快晴




あれも、これも、、




私、本日




"洗濯のオニ"




洗濯?鬼?




なんかあったな




"鬼の洗濯"だ




鬼が洗濯?




何だか真面目(笑)




あ、違う




それを言うなら




"命の洗濯"だった(笑)




"鬼"




どこ行った?




あっ!




"鬼の洗濯板"か(笑)




"板"が消えてたよ(ここにイタ、なんちゃって)

晴天

朝から快晴



掃除、洗濯の後



一気に布団干し



午後から更に気温も上昇



滞っていた看板も完成



Tシャツに当たる風も気持ちいい



今日はまるで



地震は終息したと勘違いしそうな一日だった

映画館

私の町には小さな映画館があったのだが



経営困難により20年ほど前に閉館



今、映画館といえば



シネコン



新しい複合型映画館の登場により国内の映画館の大半がシネコンになった



お陰で、より多くの人が同じ施設でたくさんの映画を見る事が出来る



家族で別々の映画を見る事も可能なのである



それが現在、熊本県内の主要なシネコンは



地震の影響でほとんどが閉館だ

〜避難生活の人に屋外シアター提供なんて良いかも知れませんね〜

ぐだぐだ(ゆんの息抜き)

テレビ見ていて娘、



「あの人(香川照之の名前が出てこない)って悪い役しかしないよね」



私「十中八、九は悪役だね。でも東大出ててるし歌舞伎役者だし。そういえば『静かなるドン』で主役だった」



娘「何それ?」



私「え?知らない?『静かなるドン』。テレビじゃ違う人だったけどね(中山秀征が出てこない)」



娘「あぁ、『静かなるドン』ね。お父さんボソボソ声だから良く聞こえなかったよ。静かなうどん、静かなうどんって何度も言うから『静かなうどん』ってどんだけしょうもない映画だよぉ、って思ったよ(笑)」
前の記事へ 次の記事へ