母の入院

やはり自宅は目も届かず、危ないので



整形外科に入院させることに



ここならリハビリも万全だし



家族も安心



前日には持参するタオルに名前を書いたり



着替えや薬など入院に必要な荷造り



そして今朝10時30分に入院



病院に提出する書類に



身元保証人と連帯保証人の



誓約書



連帯保証人は姉に依頼



「夕方、印鑑もらいに行くからよろしく」と姉にメール



これでひと安心、



と思っていた夕方、病院から電話



母が病棟でトイレを探して迷ったり



早々に病院着を脱いで帰る支度をしているという



いくら説明しても入院が理解出来ていないようで



病院としてもこれ以上の受け入れは困難と



「分かりました。迎えに行きます」



即日強制退院



母は認知症ではあるものの



入院中、徘徊や奇声でまわりに迷惑をかけるような事はまさかないだろうと思っていたので



私自身、かなりショックを受ける



母の夕方の病院食も



テレビのカードもほぼ未使用のまま



精算と退院証明書をもらい



病院の廊下で他の患者さんと楽しそうに立ち話していた母を連れて家に帰った




何ていうか




ダメだなこりゃ

ゆんの呟き

家に帰るとゆうパックの不在票



ん、と、、



再配達の当日受付は18時まで、、か



あ、もう18時じゃん、、アウトか



ドライバー直通の欄も空白だし



取りに行くか



再配達してもまた居なかったら一緒だもんね



ん?、



窓口での受け取りはドライバーが持って出ている可能性がありますので翌日以降にして下さい、か、、



しゃあない



明日だな



で、翌日



やれやれ、今日も遅くなったよ



とりあえず電話するか



コールセンター



混雑しているとかで、なかなか繋がらず



結局18時前に電話しても繋がらなかったじゃん



で、やっと繋り



「昨日不在票が入っていたので窓口受け取りに行きます。窓口受け取りは翌日以降とあったので」



「今日は不在票は入ってませんでしたか?」



「今日ですか?。入ってませんが」



「そうですか。受け取りはいつ来られますか?」



「まぁ、今日行けたら今日か、、20時までですよね?そう書いてありました。明日は19時まで、、」



「今日は持って出ている事もありますので明日でしたら、、」



「持って出ているんですか?じゃあ再配達して、、、もらえないんですよね。もう18時過ぎてますから」



「えぇ、、今日はですね」



「それじゃあ、明日にするしかないんですね?わかりました。明日行きます」



翌日また持って出るんだったら不在票入れる必要あった?



今日も不在票入ってなかったか確認するくらいだから毎度の事か



もしドライバーにコールセンターから窓口受け取りの連絡があったとしたら配達する家を目の前に帰る事もあるということか



不在票って



めんどくさぁい

デロリアン

21号はエンジン上部の取付け




部品違いの分が今日郵送されて来たのだが、誰もいなかったので不在票だけがポストに




という訳で組立て出来ず。完成は明日以降に持ち越し


〜今日もお疲れ様でした〜

アヤ

散歩の母を引き倒すまでに成長したアヤ



アヤにはまったく落ち度はないのだが



朝夕の散歩係だった母



「もう散歩には行かなくていいから」と言っても



アヤがいるとまた散歩に連れ出す事はほぼ間違いない



昨日、母の見舞いに来た姉が



アヤを引き取る事になった



母の認知症予防にと、今年突然やって来たアヤだったが



今日の夕方、姉に連れられ我が家を後にした


〜アヤと最後の散歩〜

自宅介護

腰椎圧迫骨折の母



「しばらくは寝てなきゃダメだよ」



何度も念を押したが何の事はない



裏の畑からキュウリを収穫していた



台所にあったキュウリを妻が発見



「今日はあんまり痛くなかったから、って。骨折してるのに、信じられないわ。痛み止もやめてみようかしら」



また転んだりしたら今度こそ取り返しがつかない事態になりかねない



今日は大人しくしていたようだが、恐らく外に出なかっただけだろう



「家じゃあ無理かもね」



入院させる方向に大きく傾く私達だが、母の入院は認知症を一気に進ませる危うさも伴っている



現に先程、ベッドで夕食を終えた母が



「ここは何という病院だったかねぇ」と、聞いてきた
前の記事へ 次の記事へ