大晦日

飛び飛びで洗濯三回



父を休ませてコインランドリー出動



少なくても今年だけで数十回お世話になっている



家に帰ると入れ替りに妻、出動



「お雑煮の準備はしてあるから朝は鍋にお餅を入れて食べといてね。といっても明日私が帰って来る頃はあなた達(長男含む)絶対寝てるのよね。私が一生懸命働いて帰って来るというのにね」



ま、



まぁね



〜という訳で今年も『ゆんの部屋』たくさんの方に遊びに来ていただきありがとうございました。皆様、どうぞよいお年を〜

大晦日

玄関を掃除、しめ飾りと神棚、仏壇に鏡餅(しめ飾りはやめておくようにとのことでしたが時既に遅し。歳神様ごめんなさい)



「お父さん、ただいま」



娘が変則勤務で帰宅



「じゃあ行ってきます」



しばらくして再び職場へ



夕飯は職場で食べるらしい



最後の洗濯途中で掃除中断



実は妻の妹夫婦が営む中華料理店から今年も中華のおせちを注文しており



店は家から遠いので夕方、早めに受取りに行く



その後、妻が職場の人の分も注文を受けていたので妻の働く病院へ届ける



妻は今夜は夜勤入りだが、年越蕎麦や雑煮の準備をするために一旦帰宅



大晦日、年越蕎麦まで終了〜

大晦日





息子と母に昼食を用意したあと、父に昼食



熱も平熱に戻る



実は大晦日だというのに未だしめ飾りも鏡餅も買ったまま放置状態



いかんいかん



少しはバタバタ動かないとね

大晦日

朝から雨



妻は仕事



月末だから遅くなるか



父は微熱



下がれば良いが



父のオムツ交換と朝食のあと、母と店に行く



賑わう店で花とみかんを買った



そして墓参り



買った花と一緒に、庭に咲いていた水仙も供えた

片付けられない症候群

家に帰ると妻と息子が本格的に掃除をしていた



「帰って来たわね。片付けてるの、後はあなたのモノだけよ」



「大掃除だね。わかった」



そしておよそ一時間



「よし、だいぶ片付いた。じゃあ俺、下の部屋の掃除するから」



「あ、ダメダメ。この部屋が終わってからにして」



「もう結構綺麗じゃん。正月の買い物とかもあるし」



「ここを終わらせて写真を撮ってからよ」



「写真?」



話によると高3長男の宿題で部屋のビフォーとアフターの写真が要るらしく、息子が一枚目として撮影した散らかりまくりの部屋の写真を客観的に見てしまったらしい



「学校の課題なんだ(笑)」



「そぉよ。片付けない訳にはいかないの」
前の記事へ 次の記事へ