秀逸なってか、ただたんに好みの題名が好き。

そりゃ好みなんだから好きやろってツッコミはいらぬ。

お家賃七万五千円、とか、クリスマスバーレル〇〇円、とか(まって値段ばっかり笑)。

結局、行ったのだけれど。みたいな伏線回収を題名でしちゃうのとか、さっきは三千世界の〇を追っ払って、テメェと朝〇がしてぇんだよ!が良かった。

まだ読んでないけど。

竹はよろずのことに使える、も言葉として好き。

すんげえ好き。

無惨さまの親友大好きだから。

自分ではもう小説(、、、SSS?)は書いてないけど、みんなすごいキレイなってか素敵な題名つけるよね。

もう受けが攻めに足開く話、みたいなのしか浮かばないから私にはセンスがない。

センス云々のお話じゃない気もしてくる。

ね。もういいじゃん。ごれんじゃーのうた、みたいなのでさ。

せーらーまーずのてーま(あるのかは知らない)でいいじゃんと投げた。

、、、なんの話だったっけ。

お題は好きだったよ。

題名決まってて書くのとか、何個かやったな。

てか、お題を題名にして書いたな。

そのままでも素敵だったから。

シンプルなの好きなんかな。

緑〇真太郎の〇れ物は本当に好き。
もう題名から好き。

なんならペンネームも好きだかんな笑。

あれは秀逸(笑。

かにでかにじゃん笑。

だから日本語って好きだよ笑。

英語のスラングとかOMGとかも、もっとちゃんと吸収すりゃよかったなと思っている今日この頃。