スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

ヽ(´∇`*)ノ

テスト終わったよん

ちょっと遊んできたよん


これで晴れて正式に夏休みだよぉ


ただテストはちょっと…しくってショックぅ(´;ω;`)

もぉバカ自分!!

頭弱いんさ…。


てか今日かなり寝坊したんやけど、テスト開始時間いつも通りでよかった。めっちゃ間に合った。

けど……
たかが一点、されど一点。



ふぅ・・・・今日はゲームやるか漫画読むかDVD観よう。

もう吹っ切れればいいのに

見る度に切なくなっちゃうから

想い出に縋るばっかり


忘れることなんて出来ない、忘れるには重すぎた

忘れたくもない


想い出す度に、後悔ばかりが押し寄せてくる…


もう、二度と、戻れない、あの頃に……


永遠ではなくても、せめてもう少し永く

何よりも大切にしていた、いつまでも居たかった、

私を変えてくれた、大切な場所・・・


失くなったのは、新しく一歩を踏み出すための転機だったのかもしれない

でも………



嫌だ。

テステス、ただ今頭のテスト中…

明日最後の試験なのに、ここまで勉強してない私は馬鹿ですよあぁそうですよ。


集中力よカモーン!

一体何処へ置いてきたんだ集中力を私は…。


単語の範囲がE-Oなのにさ、まだFまでしかやってない時点でオワッテルよね。


ヤバイヤバイ・・・。

乱菊さんがジャ○ーズJr.の存在を知ったら

絶対に冬獅郎を入れようとすること間違いないだろう。



「隊長!大変です!!」

「あ?どうした松本」

「指令です!」

「指令…?そんなの聞いてないが」

「隊長だけに特別指令ですよ!これです!これ受けてください!!」

「…ジャニーズ事務所、入所‥オーディション…未来のアイドルを………松本、何だこれは?」

「見ての通り、現世のアイドル事務所のオーディションですよぉ♪」

「そうじゃない。これがどうしたと訊いているんだ」

「大丈夫です、履歴書ならもう書きましたし写真もいいのがいっぱいありま‥」

「松本ぉぉぉ!!」

「違います!これは潜入捜査ですよ隊長!!この事務所内に破面の仲間がいると…」

「いるわけねぇだろ!!」

「もぉ〜…いいじゃないですか!受けましょうよ!折角現世にいるんですから!」

「誰が受けるかっ!!だいたい死神が現世でそんな…」

「えぇ〜!だって、未来ある美少年たちが『アイドル』として現世の女の子たちを虜にするなんて、こんなの隊長の為にあるようなものじゃないですか!!」

「人の話を聞け!」

「いいです、隊長が嫌って言っても勝手に履歴書送っちゃいますからね!この隊長の写真を見れば一発合格間違いなしでしょ♪」

「この写真…って、おい!松本!お前一体どんな写真を…」

「じゃあ受けてくれますか?!」

「てめぇふざけんのも大概にしろよ。」

「なら教えませ〜ん♪」

「冗談じゃねぇ!過去にもお前の隠し撮りした写真のせいでどんな目にあったか…」

「何言ってんですか!それこそみんなに大人気だったじゃないですか!」

「そういう問題じゃねぇんだよ!いつもいつも人のこと隠し撮りしやがって、揚句に売りやがっ」

「隊長に隙があるからいけないんですよ〜♪それじゃあ私、この履歴書出しに行ってきまーす♪」

「……松本、外は暑くねぇか?」


「…………………」



あ、なんか長いの書いちゃった。

久しぶりだけど書き出すと止まらないもんね。



「冬獅郎も大変だな〜・・・・」

「でも冬獅郎くん、ジャニーズなんて似合いそう〜♪」



実は一護の部屋だったら尚吉。

今日のバイトは

久しぶりに入金行って、楽しかた〜ヽ(´∇`*)ノ


別にその予定はなかったんだけどね、入金は出来るからさ、こういう時に……

なんか不思議だねぇ
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2008年07月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
風月水音さんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 32
誕生日 3月31日
地 域 埼玉県
系 統 おとなしめ系
職 業 フリーター