近海でかにが獲れる時期になればかにの味を思い出すことで

近海でかにが獲れる時期になればかにの味を思い出すことでしょう。


寒いときにみんなで囲むかに鍋は最高に幸せな味です。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを近所のお店で買って済ませるのでなく、早起きして、市場へ買いに行くと鍋はさらにおいしくなるはずです。


通販をまめにチェックして、かにを買うのも近頃では常識です。


私も家族も無類の蟹好きですので、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、気をつけなければならないこともあります。


通販では色々と確認が大事ですが、中でも蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。


購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。


また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。


よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。


人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょうか。


一番のオススメは、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。


活蟹には活蟹にしかない美味しさがありますが、いかんせん、捌くのも殻をむくのも大変ですよね。


お子様から年配の方まで、家族揃って蟹を楽しむためには、蟹通販で買ったポーションの蟹を解凍し、蟹鍋にするのが最良の方法だと思います。


また、「ポーションもいいけど自分は蟹ミソも味わいたい!」という人は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。


その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。


お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、期待したほど美味しくなかったり、契約自体に不満を持つ人も増え、問題になったこともあります。


多少の違いは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大きくなります。


業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを最小限で抑えるためにどうしたらいいのかを考えましょう。


口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、お店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。


ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。


意外な人から意外な情報を手に入れることもあるでしょうし、そうでなくても、他のことで何かの役に立つかもしれません。


贈答用など、絶対外せない品質のかにを選びたいとすれば産地の名前がついた、ブランド品のかににするというのがおすすめです。


ブランドがにの見分け方として産地や名称のタグがついているでしょう。


ブランド名は、特定の地域で水揚げされたかにであるという明確な表示です。


言うまでもなく、それが味の保証となっているので、この産地や名称に自信を持ち、一つのブランドを打ち立てたのです。

蟹通販では、活蟹や冷凍タイプなど様々な商品を扱

蟹通販では、活蟹や冷凍タイプなど様々な商品を扱っていますが、確実に失敗しない種類といえば、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。


一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、そこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことができません。


茹で加減や味付けなどもコツが必要で、初めての方は失敗しやすいので、悪いことは言いませんから、ボイル済の蟹を購入する方がよいでしょう。


料理に蟹を使うとき、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。


中でも特別気を付けた方がいいことは、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。


多数の人々が早く解凍したいがために、蟹を水に浸して溶かそうとします。


そんなことをしてしまったら、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。


中華料理、いろんなメニューがありますよね。


そんな中、特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、上海蟹とは、中国で獲れる淡水蟹の中でも、揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、常に口にすることができますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、上海蟹のオスの白子のねっとり感が最高においしくいただける時期が11月辺りで、最高においしい一品として重宝されています。


通販によくある話ですが、かにを買うときも自宅で保管できない量を買ってしまうということです。


リアル店舗で買えば、実際の数がはっきりわかるので、量を減らそうと思うのが当たり前です。


残念ながら、通販では重さと大きさを実感できないので、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、冷蔵庫や冷凍庫に入りきれなかったという話はかなりあり得る話なので、どうか同じ失敗は繰り返さないでくださいね。


一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。


一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。


そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、通の味ともいわれています。


味の勝負なら、ズワイガニもよく知られた種類です。


どのかにも独特のおいしさをもち、自分の好きなかにを持つ方も多いのです。

かにの安い買い方を知りたいと考えたことがある

かにの安い買い方を知りたいと考えたことがあるという方はたくさんいるでしょう。


市場に買いに行ける方ならば市場でまとまった量を買えば安いことは確かです。


交通費と手間はかかりますが、安さと新鮮さを追求するならおすすめできます。


また、市場に出向く時間がない方は、通販ならば安く買えるのでおすすめです。


タラバガニを選ぶコツのお話です。


まず、雌より雄にしましょう。


雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニを食べる目的とも言える脚のおいしさを考えるとオスで決まりでしょう。


これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してください。


6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、突起が4つの場合、それはアブラガニという似ていますが別の種類です。


ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。


実際ズワイガニを買っている方の多くは、まあ、大きければいいという感じで選ぶ方が多数派でしょう。


大きさもさることながら、もっと重要な観点を知っておきましょう。


かにの重みを調べていますか。


どんなに大きくても、さっぱり身がないという痛い話を聞いたことがあるでしょう。


重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。


通信販売で蟹を購入した経験をお持ちである人もいますよね。


とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのか簡単には信用できないかもしれないですね。


今のようにネットが普及する前なら、本当に質のいい蟹を通販で買えたという話は眉唾物の域でした。


一方、近年では、昔はなかなか買えなかった、産地直送の新鮮な蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。


注文した覚えのない蟹が勝手に自宅に届くのが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。


代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、支払いに応じてしまう人が少なくないようです。


真っ当な商取引ではありませんが、その場で払ってしまえるような金額ということもありますし、何より実際に蟹はあるのだから、まあいいかと諦めてしまうケースがまま見られます。


代引きでいきなり荷物が届いたりしたら、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。

活蟹をさばくのにはコツがいります。以下の点

活蟹をさばくのにはコツがいります。


以下の点に気をつけてください。


最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。


次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。


すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。


ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。


これらは食べられません。


蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。


ここまでで形になりました。


最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。


これにて蟹の捌き方はおしまいです。


どうですか、意外と簡単でしょう。


一般的な活かにのさばき方は、まず、洗って真水に30分くらいつけます。


軍手が必要です。


着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、要所の関節に切れ目をつけます。


甲羅から半身を外していきます。


双方をしっかり押さえ、半身、また半身と外していきます。


残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌は取り分けておきましょう。


脚を外していき、長さも食べやすくします。


食べるときのために、切れ目も入れましょう。


殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。


まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。


「紅ズワイガニ?おいしくない」ともっともらしく言われますが果たしてどうでしょうか。


紅ズワイガニの当たりはなくおいしいと思ったことがないなら紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。


新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べてもおいしいの一言に尽きます。


なかなか新鮮なものを食べられないため誤解が生まれるのも仕方がありません。


今では蟹通販の業者はたくさんあります。


購入の際にはたくさんの業者があって迷うかもしれませんが、損をしないために気をつけるべき点をご説明します。


お客様のことを第一に考えている業者には、蟹通販専門のバイヤーが雇われており、このプロフェッショナルが責任をもって蟹の産地まで出向き、品質や新鮮さなど、厳しい条件をクリアした商品だけを仕入れてくるので、消費者としては安心です。


品質後回しで価格を下げているような業者はダメです。


品質重視のところを選ぶのが、重要だといえます。


良い業者を選び、美味しく蟹を味わいましょう。


皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。


国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。


毛蟹も、どこの国でもよく知られています。


新鮮であるほど硬い毛が密集していて、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、たまらないという方は多いようです。


味ならズワイガニが一番、といわれるくらいかなり知られています。


どのかにも、独自の味わいがあり、人それぞれ、好きなかにがあるのです。

蟹にも色々あります。買うときに、日本国内と海外産

蟹にも色々あります。


買うときに、日本国内と海外産、どちらを買うべきか悩んでしまうケースも多いでしょう。


しかし、それほど迷うことはありません。


同じ品種なら、日本産でも海外産でもそんなに味が違うことはありません。


国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、その蟹通販業者が信用できるところなのかどうかです。


利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。


皆さんは、どこに注意してズワイガニを選んでいますか。


誰でもズワイガニを選ぶときまあ、大きければいいという感じで選ぶ方が多数派でしょう。


しかし、大きさよりももっと調べてほしい観点を知っておきましょう。


持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。


見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという悲劇は後を絶ちません。


重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。


ネット通販が一般化した現代。


皆さんの中には蟹通販を利用したことがある人もいますよね。


とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのかイマイチ信じきれない方もいるでしょう。


一昔前までなら、通販は店頭販売より一段劣るものといわれ、通販で良い蟹が買えるという話はほとんど聞かれませんでした。


一方、近年では、店でも売っていないような、美味しく新鮮な産地直送の蟹をネット通販で取り寄せることが簡単にできるのです。


グルメブームで、美味しいものを食べるためならお金を惜しまない人が増えているためか、かに通販の利用者は右肩上がりだといいます。


そんな中、期待はずれだったり価格が適正でないということを言い出すことも珍しくありませんでした。


カタログなどでイメージしていた商品と実物とのギャップが原因となることがほとんどです。


あとは業者の対応に関することですね。


業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けることができる最善の方法は通販の会社を見て判断する代わりに全国のユーザーの口コミやレビューで判断し、これと思ったお店をピックアップします。


今度こそ、最高のかにが味わえるはずです。


ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、参考になる意見があるという保証はありませんが、思いがけない発見がある場合もあるでしょう。


たまたま冷凍庫が空いたので、かにを買うことにしました。


かにに限っては自分で買ってくるのとは違い、相当なメリットのあるお取り寄せに決めています。


家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。


何キロになったとしても制限はありませんし、配送の担当者が日本全国津々浦々、自宅の入り口まで日時まで指定したとおりに持ってきてくれるのです。


お店から家まで運ぶのに比べたら楽なものですね。


後は冷蔵庫に入れるだけです。


新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを届いたばかりの最高の状態で堪能できるのが通販ならではのメリットでしょう。
前の記事へ 次の記事へ