ゆんの呟き

今朝起きがけに



鼻水が出たと思って



指で拭ったら



人差し指が真っ赤



鼻血だった



何もないのに鼻血



出るか?普通



いつも忘れた頃に出る



すぐに止まるのは



心配ないらしい



みんな鼻血の経験くらいあるだろうと



一応ネットで調べたら



生涯一度も鼻血が出ない人が



4割もいるそうだ



そっちがびっくりだよぉ



子供の頃



「よっ、元気?」



背中を軽く叩かれただけで鼻血が出た事があるし



就職試験の会場で鼻血が出て



試験会場の担当者に



「鼻血はよく出るんですか?」



と聞かれた



「いえ、今だけですっ」



無事就職



以来、忘れた頃に鼻血



私の鼻血は



鼻水の感覚に似ているので



色を確認するまで



自分では分からない

【百日草】

キク科、ヒャクニチソウ属


種類が多くて探すのに手間取った


決め手は葉の形


開花時期が長いから名付けられたのだろう


花言葉は


“遠き友を思う”



〜あいつ、元気かな〜

介護生活

今日は母の曾孫(姉の孫)の運動会で



昼を一緒に食べようと姉から誘いを受けた



私は午前中仕事だったので、妻(午後から仕事)に母を学校に送ってもらい(デイサービスは休み)



私は仕事を終えて合流



テントでの昼食のあと母を連れて帰宅



今日は母の美容室も予約していたので



リハパンを交換して美容室に連れて行く



夕方迎えに行き



夕食を用意して



母の入浴まで済ませ



一日が終わる



明日は敬老会で母に招待状も来ていたが



去年の二の舞(転んで救急車)を避けるべく



敬老会の事は黙っておく予定である


〜今日もお疲れ様でした〜

【非榊】

神棚に供える「榊」は今まで買っていたが、妻が



「庭にも似たようなのがあるのよ。あれも榊に使えないかしら」と言う



探してみると椿などに紛れて一本、それらしき木があった



葉の並びは榊のようだが、葉っぱがギザギザしていて少し小さい



調べたら「非榊(ひさかき)」とある



「非榊」があることで通常の榊が「本榊」と呼ばれるようだ



何だか小田急線の「厚木」と「本厚木」を思い出した



非榊の別名は「姫榊(ひさかき)」とも言って日本の北部ではこちらの榊が育ち易く、広く神事に用いられるらしい



「何でうちにあるんだろうね」



供えるのはどちらでも構わないそうなのでこれから我が家の神棚は姫榊を供えることにした

【彼岸花】

「曼珠沙華」「毒花」ほか別名の宝庫


「幽霊花」「痺れ花」「地獄花」エトセトラ


花に罪は無く、そこまで嫌わなくても良さそうなものだ


花と葉を同時に見ることが出来ない事から言われる別名『葉見ず花見ず』が私は気に入っている


〜台風で被災された地域の停電が一刻も早く復旧することを祈ります。今日もお疲れ様でした〜
前の記事へ 次の記事へ