母とクルマ

「このクルマ、もう乗らないから引き取ってもらうよ」



母のクルマ無し生活も一週間



今日は家庭菜園で収穫したネギを出すという母を市場に乗せて行った



やっと諦めもついた頃だろうと母のクルマの引き取りを依頼したが



「それは困るよ。クルマが無くなったらこれからどうしたらいいんだい?」



「もう乗らないんだから要らないよ。クルマがあるだけでお金かかるんだからね」



「でもクルマは持って行ったら駄目だよ。家に置いておかないと不便だよ」



「運転しちゃいけないんだよ。事故起こして相手に何かあったら責任とれないよ。もう十分乗っただろ?」



「明日からどうしたらいいのかねぇ。クルマが無いと淋しいねぇ」



母にとってのクルマは長年連れ添った相棒



思い出もろともいきなり無くすのは酷というものだが、乗らないクルマを保管しておく余裕などない



「あ、そうだ。クルマと一緒に写真撮ってあげるよ。ほら、こっち来て」



母はしぶしぶクルマに近づきボンネットに手を添えた



「こうかい?。ここでいいのかい?」



「ハイ、もっと笑って」



「淋しいねぇ、、」



私は今にも泣きそうな笑顔の母とクルマのツーショット写真を携帯に収めた

ゆんの休息

仲間外れはどーれだ



Level.1


幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸辛幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸幸




今日もお疲れ様でした

【アンゲラ】

上品な言葉ではなく




「アンゲラ」は




「あの野郎」の意味




強い口調で憎しみを込めて言う




同じく「こいつ」は「コンゲラ」




「そいつ」は「ソンゲラ」




おそらく「ゲラ」は「下等」




もちろん、私は使った事がない




と、思う

主夫の呟き

朝、歯磨きの時に歯磨き粉が残り少ない事に気付き



目玉焼を作る時に玉子が少ない事に気付く



洗濯機をかける時に洗剤が少ない事に気付き



トイレに入って紙が少ない事に気付く



キッチンタイマーの電池



ティッシュ



ねりカラシ



サランラップ



ちょこのエサ



精米



綿棒



プリンターのインク



灯油



月末には



新聞の集金来た



牛乳の集金も来る



お茶っ葉



珈琲



うん、



だいぶ見えて来たぞ

【すざる】

「すざる」は



うしろに退く事



「後ずさり」の「ずさり」に似ている



「ずさり」と「すざり」



「後ずさり」は「後退り」と書くので意味も「すざり」と似ているどころか同じだ。元々同じ言葉だったと思っていいかも



相手に「後ずさり」を要求する時に「すざって下さい」、「すざって、すざって」等と言う



「すざる」



面白いでござる
前の記事へ 次の記事へ