深い深い森の奥に(高新)

*御伽話チックなパラレル*
*人間×人外な高新*





御伽話チックな高新って良くない?と思ってて。最後はラブラブハッピーエンドじゃない御伽話も好きなんだよね。若干切ない系と言うのですかね。

設定は江戸中期くらいにしておこう。外灯やランプは江戸市中にも当然普及はしてなくて、精々で夜の灯りは提灯や行灯、ろうそくが主流だったくらいがいいかな。
もちろん行灯やろうそくの灯りだから、現代の電子の作る明るさよりは全然薄暗いよね。行灯を灯していてもお部屋中の隅々までは光は行き届かないしね。むしろ部屋の隅っこ、壁際や襖にはまだ薄暗闇がわだかまっている。天井の隅や、複雑な曲線を描く欄間の細工の所々にも。
そして光も届かない深い山の中や、深い深い森の中には本当の深淵がある。真の暗闇が。

そうやって夜のいたるところに闇がある、たとえろうそくを翳しても、夜=闇の気配からはどうしても免れない。闇という自然の摂理がまだ全然夜を支配していた、誰もそれからは逃れられなかった、これはそんな時代のお話がいいな。

さて。このお話の中の晋助と言えば、江戸市中でも名うての名家のボンボンご子息だったのだけど(そこ変わんねーな)。んでも父上とはめっちゃ折り合い悪くて、顔合わせれば喧嘩ばっかりしてて、もちろん晋助だから剣の腕はバリッバリ立つけど、何なら名門流派の免許皆伝とか全然取ってるけどそれだけじゃ父上を黙らせるとかできよう筈もなくて、そんなんだからあまり実家にも居たくなく、しょっちゅう朝帰りばっかりしてましたよね。
何ならよく馴染みのオンナのとこでもしけこんでて実家にはあまり寄り付かないとかね、吉原に流連(居続け)で馴染みの花魁のとこにしけこんでるとか、この話の晋助と言えばそんな感じですよ(こらこら晋助?ちゃんとお家には帰るのよ?)


だからねえ、その“森”を見つけたのも本当に偶然だった。
吉原からの帰り、酔い覚ましがてら気まぐれにふらりと大回りして、江戸市中をぶらぶら歩いてたのですよ。時刻は草木も眠る丑三つ時ですね、お空のてっぺんに上った満月が下界を白く照らしていて。てか、んな時間に吉原から帰ってくるとかすごくね?朝まで居ねえのがすっげえ女泣かせと言いますかね(いや遊びすぎ)
そんでね、深川の辺りをぶらぶらしてた頃かな?何なら腰に下げた酒瓶をちまちま呑みながら歩いてますけども(まだ呑んでやがる晋助)、ふと横手を見たらね、どうした事か鬱蒼とした森が繁っているんですよ。


「……んなとこに森なんてあったか?」


晋助はもちろん訝った。だってこの辺はまだ緑も多くて狸とか狐も出てくるけど(設定は江戸中期です)、ここまで鬱蒼とした森なんて記憶にはない。でも晋助もいい加減酔っ払ってるので、物は試しと森に分け入ってみたのですよ。
これは好奇心もあるなあ。てか晋助は元からして好奇心の塊のような男じゃないか。


「(もしかすると狐か狸に化かされてんじゃねェか)」

などとは思いますが、もちろん腰には刀も下げてるのでね、その硬い柄を握れば自然といつもの自分を取り戻せますよ。

「(……馬鹿馬鹿しい。この俺がそんな畜生に化かされる筈がねェな。もし何かあったら斬るだけだ)」

なんてね。そこは絶対的な自信あるからさ。でもこんな夜中に不可思議な森の中に分け入るだなんて、痛烈に興味を持ってしまったなんて、その時点でもう晋助は『呼ばれてる』んだけどね。

その森に在る何かにね。


てか何度も言うけど、時刻は丑三つ時ですよ?月の光くらいは射してるけど、そんな陰鬱な森の中なんて当然暗闇が広がるばかりで何も見えない。見えないけど、晋助は歩みを止める事もなかった。
たまたま持っていた提灯を左手に掲げて(瀟洒な藤色の家紋入り)、唇にはいつもの煙管を咥えて、晋助はためらいなく森の奥に進んでいった。


そうしたらね。森の中を所狭しと生えている木々の枝をひょいと頭を下げてくぐったところに、こんなところには場違いなほど大きな一軒の日本家屋があったの。ちょうどそこだけ木もなく、切り取られたように不可思議にぽっかりと空間が拓けていて。その黒光りする日本瓦も、白い月光を浴びて冴え冴えと照り光っている。


「……これは……」

ごく自然に感嘆の声が出た。その家屋の側まで行って提灯を掲げて見てみる。家は相当に古いが、たしかに人の住んでいる気配がある。板塀や玄関戸は飴色になって経年の変化を感じさせたが、ここには人のいないあばら家特有の風情はない。何よりただのあばら家にこんな重厚な趣きは出せまい。
まさかこんな森の奥で日本家屋にぶち当たるなんて、本当に夢でもみてるようだった。

だから晋助もいよいよこの状況を訝ってね、何ならその玄関戸に手を掛けてですね、

それでもふっつーに開けてみようとするよね。晋助だしね、遠慮も何もなく開けようとしますよ(晋助?)

「まさかな。開くはずは……あるめェ」

などと晋助もゴニョゴニョ言いながら玄関戸を引いたら……普通に開いたんだけどね(開いたんだ)

音もなくするすると横に滑った玄関戸を見て、晋助もいよいよ眉間に皺を刻んだよね。頭の上にはクエスチョンマークを浮かべたくらいにしてさ。
でもね、その開いた玄関の先。まっすぐ伸びた廊下の端から少年が走ってきたことには更に驚いた。少年の年頃は十五、十六歳でしょうか。白い着物に水色の道着袴、そして眼鏡をかけた黒髪の少年なのです。てか新八くんです(ハイ登場)

「あっ!こんばんは、いらっしゃい!」

新八くんは晋助に気付くとね、ぴょこんと頭を下げて丁寧にお辞儀をする。
それには更に度肝を抜かされた晋助なんだけど(顔には出てないけど)、こんな森の奥に住んでるってだけでもう晋助には不審者じゃん?だから新八くんが登場するやいなや、晋助も刀に手を掛けて、何なら軽く鯉口切ってるくれーにして(晋助待って)、

「てめェ……一体何者だ?この家は何だ?てめェバケモンの類いか?」

新八くんに矢継ぎ早に尋ねますが、新八くんがそれに答えずにテクテクと近寄って来ようとしたら、

「……これ以上俺に近寄るな。ガキだろうと容赦しねェ。近寄れば斬って捨てる」

ふっつーに眼光鋭い右目で新八くんをガン睨みして、何なら今すぐにでも刀を抜き払えるように腰を落として構えてるくらいですよね(だからお前待ってって、ほんっとお前晋助すぎなんだって)


んでも新八くんはさ、そしたら慌てるじゃん。だって急に尋ねてきた男がいきなり臨戦態勢でさあ。しかも斬るとまで抜かすとか何事よ?新八くんから見たら晋助の方が全然不審者なのよ?(確かに)

「ええ?!ちょ、待ってくださいよ!そっちが勝手にここに来たんでしょうよ!それで何で僕が斬り殺されなきゃダメなの?!アンタ新手の押し込み強盗か何かですか!」

普通にツッコミ入れつつ慌ててるので、あわあわしつつこっちに両手を翳して自分は物騒なモンじゃないアピールしてるので、そんな様子を見てたら晋助も変に殺気放ってる自分が馬鹿馬鹿しくなってね、構えを解くと。


そして一息吐いて、

「てめェ何者だ?……人間か?」

先程の疑問を再度呟く。そしたら新八くんは少し考えて、

「ええ。れっきとした人間ですよ僕は。ここには理由があって一人で住んでます」

答える。そして、

「それよりアンタこそ何者ですか?こんな夜更けに一人で森の中を彷徨ってるなんて、どこかの妖に食べられても文句は言えないですよ」
「フン。馬鹿馬鹿しい。俺がんなもんに喰われる筈があるか」
「あっ、そういうこと言う人ほどダメなんですって。それフラグですからね、そういう人ほど狸や狐に化かされてますからね。見た限りじゃ貴方はものすごく剣の腕は立つんでしょうけど、それに驕ってる感がありますもの」


新八くんも言うねえ(さっすが新八くん)
そしたら晋助も生意気なこの子にムカつくはムカつくんだけど、さりとてこの不思議な状況と不思議な少年のことは気になってるんですよ。何でこんなガキがここに一人で?とかね。どんな理由があって?とか。

「(それともコイツ、やっぱり人間じゃねェのか?妖の類いか)」

などとね。考えるんだけど、新八くんがもうくるりと踵を返して家の奥に引っ込んでいくからさ。そして廊下の中奥まで進んでからチラとこちらを振り返り、

「寄っていかないんですか?朝になるまでここで休んで行かれたらいいですよ。どのみち、貴方はここでこの家を見つけたんですから。もう朝まではこの森から出られないです」

すごく気になる事をさらりと言うからさ。それには晋助もピクリと片眉を釣り上げてね、

「あ?出られねえだと?……てめェやっぱり人間じゃねえな。この森の何を知ってる」

不躾に聞くけど、んなもんはここに住んでる新八くんだとて分かんないのですよ(え)

「さあ……僕はよく分かりません。この家と森から出たことはないですし。でもね、たまにこの家に迷い込んでこられる人はいるんです。ちょうど今の貴方のようにですね。そういう方は朝になるまで森からは出られないみたいです。だって何度この家から出立しても、皆してまたここに戻ってくるんですよ?そういう仕組みなんですかね」

のんびり言うので、晋助もいよいよ訳が分からなくなってね。でもふと思ったのですよ、これは俗に言う『迷い家』ってやつじゃねえかと。
森の奥や山奥でふと出会う妙な家のことですね。出会ったからって別に何かに取り憑かれるとか、そんなもんでもないんだけどさ。でもたしかにそこはこの世じゃない。この迷い家は隠り世(かくりよ)に通じてるっていうの?

現世とは切り離された空間というのですかね。だから迷い家で出された飲食物をいただいたら、現世には戻ってこられなくなっちゃうんだけどね。って、コレで迷い家の設定合ってるっけ?(調べないで書くという)


だから晋助も多少は薄気味悪く思いつつ、朝までどうもできねえなら仕方ねェ、とばかりに新八くんに続いて家に上がったんですよ。

「あ、やっぱり上がっていかれますか。それがいいですよ」
「……てめェ、何か妙なことを俺にしたら即座に斬るからな」
「いやだから、そんなんしませんってば。アンタ簡単に斬る斬る言うなよ。ほんと喧嘩っ早いってよく言われませんか」(←新八くん)


深い森の奥でこんな不思議な出会いを果たす高新なのですけどね。
てか新八くんが不可思議な存在の高新良くね?っていう萌えがあってさ。晋助の方が純然たる人間というかね。人間×人外萌え。

てかやっぱりプロローグがめっちゃ長えじゃん!全然端折れてねーじゃん、キリねえから次に続く!(え?)













フェチレベル1.5(銀新)(高新)

マジに暇な方のみどうぞ

CAN'T STOP THE BEAT!(銀新)

熱愛発覚中(銀新)



*(またも)フェティシズムの話を少し*
*もう脳内の銀新がめっちゃ仲良し*




ついこの間ようやくお初を済ませたためか、脳内の銀新がめちゃくちゃラブラブでさ。困ったもんですね全くね、いつもでもアレなのに、アレ以上に引っ付いてんのも困り者ですね。いや嘘です、お前らはもっとやれやと(一瞬で意見が変わったよ)

そんでうちの銀新が何だかめっちゃ匂いフェチなのは、私がせっせと自分のお話の中で書いていたり、しつっこいほどここで語ってたり、あまつさえ友人達にも語ってたりするので、お分りいただける方にはお分りいただけるかと思います。そんで察しの良い貴女様には、

『え?またフェチについて話すの?こないだも銀新の匂いフェチについて話してたじゃん?それどんだけ好きなの?』

などと言われることも承知です。申し訳ない。だが私は言いたい、まだ語り足りない。何ならもう新八くんの首回りを嗅ぎに行きたい、今すぐにでも(そんな真顔で言うな)

もーね、私でそれなら銀さんなんて新八くんの首回りとかめっちゃ好き!!よく嗅いでるしね。そのために新八くんを後ろからよく抱っこするよね。だから銀さんが台所で新八くんに後ろから引っ付くのが鉄板なのだってば、その鉄板図がめちゃくちゃ好きなんだって。好きすぎてやばいんだって(だからそんな脳内の鉄板を語られてもさ)
つまりは銀新自体が壮大な私のフェティシズムなのでしょうかね。

そんで銀さんなんて新八くんの匂いをスーハーしながら、新八くんのうなじにスンスン鼻先をくっつけながら、

「あ。俺ここ住むわ(スーハー)」

などと真顔で言い出すからねアイツはね。
てかオイ、そこ私にも住ませてくれよ?(無理だよ?)


まあしかし、そんなんやってお料理中に銀さんに張り付かれても新八くんだって困っちゃうでしょうよ。だってまさにお料理をしているのだからね、横手にあるコンロにかかったお鍋ではコトコトと煮物でも煮込んでるのだからね、いい色合いに艶の出てきた筑前煮とかね(うう美味しそう)、そんなんやってる最中にね、後ろからおもむろにピトッと張り付かれてごらん?無駄に気配殺してやってきた銀さんにピトッと引っ付かれてごらんよ、新八くんなんて絶対にピィって飛び上がってさ、

「ちょ、ちょっと銀さん?!何すんですかアンタ、びっくりするでしょうが!僕今お料理してたんですよ、見て分からなかったんですか!」

などと文句をつけるのは当然と言うか。びっくりした上に軽く銀さんを叱ってますよね、まあ銀さんの事だから新八くんが包丁持ってる時は絶対避けてるんだけどね(懸命)

んでも銀さんだしね、新八くんの文句なんて右から左に聞き流してね(だろうね)、あーハイハイって態度で前述のように新八くんのうなじをスンスンですよね(確定事項)

「わーったわーった、悪かったって。つーか俺の事とか気にすんなよお前、お前はお前の仕事を全うしてろよ(スーハー)」
「いや無理じゃね?!こんなゼロ距離でアンタに引っ付かれて気にすんなとか、どうやっても無理なんですけど?!」

後ろから銀さんに腰を抱かれたくらいにして、赤面で怒る新八くんなのであった(ふう……ありがとうございます)
んでもいいよね?だってもう切る具材もないしね、あとはお料理も煮込むだけの段階ですからね、銀さんが好きなだけスーハーしてても良いのだよ?ほんのりと赤くなった新八くんのお耳とか、後ろからぱくつけばいいと思うよ?銀さんそれ得意だしね(こらこら銀さん)

そんで新八くんがますます赤面したりして、

「ちょっ……だからもうやめてくださいって!こんなん神楽ちゃんに見られたらどうすんの!(小声)」
「あ?神楽ならさっきどっかに遊びに行ってたからいいだろ」

神楽ちゃんがいつ台所に入ってきたり、前を通りかかるかと新八くんなりにヒヤヒヤしてるのに、銀さんはめちゃめちゃしれっとして答えるよね。そしてまだ嗅いでますけどね!(仕方ない)
だって銀さんも好きなんだもん。何だろう、新八くんの事だからお日様系かお洗濯物のいい匂いじゃん。それ嗅ぐとめっちゃ落ち着くしね銀さんも、てか新八くんの存在自体が軽く銀さんの精神安定剤と言いますかね?夜とか別に何もせずとも抱き枕にしていると思う。くるって抱き込んで寝てそう。

そんで銀さんに巻き付かれてる新八くんが、うーんうーんって寝苦しさに悶える銀新の睡眠風景も良いものだよね(新八くんは良くない)。二人してめっちゃくっ付いてぐーぐー寝てるのも良いし。特に色気のないご就寝銀新も好きなのだよね。とてもカワイイ

んでもふっつーに腕枕も好き!銀さんの上腕二頭筋ですから、普通のメンズのように枕の下に腕通すんじゃなくて(普通の腕枕スタイルじゃなくて)、二の腕の上に全然直に頭乗っけてもらっても大丈夫。いい筋肉だから硬さだけじゃなく柔らかさもあるしね、きっと新八くんも安眠できるよね。てか銀さんに引っ付いていられる安心感で新八くんは安眠できるよ(コイツら何でこうもリア充?)

つーか銀新の腕枕は外せないでしょうよ、事後は絶対ェあるってこれ!腕枕は絶対入れ込みたいもんですから、何回か話に入れ込んでますね(既に?)


あ。やべ、何か萌えを綴るうちにどんどん脱線していくのが私の悪癖ですよ(分かってる事は分かってる)
サクッとまた戻ると、お台所で銀さんに引っ付かれて神楽ちゃんに見られたら……って心配してた新八くんか。でも神楽ちゃんは遊びに行っちゃったと。なら神楽ちゃんにこんな所を見られるという不安要素がなくなった新八くんは、そこで少しクールダウンして落ち着いて、

「ええ?……そ、そうなんですか。それならまあ」

俯いてゴニョゴニョと言ってますからね、てか何?どうやってもこの子銀さんっ子だからね、銀さんに引っ付かれるのは新八くんも大好きだからね(ほんっとに君はね!)
そしたら少し身体を落ち着けた新八くんの心境が銀さんにも手に取るように伝わるのでね、


「あ。要はお前、神楽に見られなきゃいいんだろ?こうしてんのが嫌って訳じゃなくて」
「っ、ちげーよ!!そういう問題じゃないんですよ!」

ほら〜!銀さんもニマニマ笑いながらこんなんを喋り出しますのでね、てかこうなりゃもう銀さんの独壇場じゃないかね。
いよいよ新八くんが振り返って銀さんを叱りつけようとしたら、その時はそのちっさい唇にチューすれば良いと思うよ?

てかやっぱり自分のフェチの話になりますけど、私ゃ新八くんのお口がほんっと好きなのだよね。大好き。何かこう、攻めさんの視点になるとめっちゃチューしたくなると言うか。あの小さめな新八くんのお口にはこう……捻じ込んでみたくなると言うか(何を?)
兎角夢が詰まってるよね。銀さんもあの唇にはずっとチューしてられると思うよ、てか何か銀新は特にチューばっかりさせちゃう。

新八くんはチューされて下唇とか甘噛みされれば良いと思うよ。銀さんにね!
つーか別に小説でもないのに、お台所な銀新ラブをここに書いてるだけで私は萌えてくるからどうしようか(え?もう性癖としか)




んー。しかしコレ逆バージョンでも可愛くね?と思ってて。新八くんが銀さんに引っ付きに行って、例えばソファとかでね、銀さんの隣りにちょこんと座って、

「失礼します」

とか最初に断ったくらいにして、銀さんの首筋とかスンスンしてくんのもスッゲー可愛いんだよな。新八くんってば礼儀正しいなあ、銀さんは無言で嗅ぎにくるのになあ。銀さんなんて新八くんが逃げらんないように最初から背後を取るのにね(本当に)

でもそしたら今度は銀さんが照れそうじゃん。

「え?何?つか何お前、マジでどうしたの。急に甘えてくるとかズルくねお前。ちょ、だからやめてくんない」

などと言ってね、新八くんに可愛くクンクンされたらめっちゃ照れてしまうというか。本当は嫌じゃないのにツンデレのツンを発動させちゃうのですね(銀さんカワイイか)。んでもそしたら新八くんはシュンとして、

「ごめんなさい銀さん……」

と言って素直に銀さんから離れていこうとしますので、銀さんの迷惑になったかと少し反省したくらいにしてね(やっぱり銀さんと違うよ!ほら!)、
そしたら銀さんも焦りつつもツンは少し抑えて、

「いやいやお前、ちょっと拒否られたくれェでサクッと引くんじゃねーよ。ガンガンいこうぜ」
「いや、そんなドラクエ並みにはいかなくていいですよ。本当になんとなくだったんで。それにもう大丈夫なんで、何ならさっきので全然足りたんで」
「ええええ何で?!逆に何で?!あんなんでお前は足りたの?!これっぽっちも補充できてねーよ、俺成分を全く堪能できてねェじゃねーか!あんなもんで足りる筈あるか!」(←それ銀さんの話ですね)


やや素直に新八くんをぎゅむっと引き寄せる筈ですよ(ややどころかめっちゃ素直ですね)
でもそしたら新八くんも嬉しくなって、思う存分にスンスンしちゃうんだろうな!何なら嗅ぎやすいようにね、銀さんの膝によいしょっと対面で乗っかったくらいにして。
そんでそんな風に新八くんを膝に乗っけてたらね、そして首筋に微かに当たる新八くんの吐息とか感じたらね、銀さんもどうしてもムラァとしてね(あっ)

今の新八くんが動物の親愛行動的な感じで自分にくっ付いてるのは理解できるのにね、そこも分かるのにどうも下半身は素直ですからね。新八くんの吐息どころか自分の膝の上にある新八くんのお尻の感触とかにね、何かすーぐ血ィ集まっちゃってね、そこだけツンデレにならないからね、

新八くんのちっさい頭を片手でぐわしと掴んで、自分の首筋から引き剥がして、

「あっ」

と一瞬だけ不満気な顔を見せる新八くんに唇寄せて、ぷちゅっとキスしちゃったりしてさ。そんでチューしたら最後だろ?もうね銀新はね、まあ……以下略なんですよ(ほんっとコイツらリア充過ぎか?)


ってか何だろう。何でこうもブログでまでイチャつくのかねお前らは、私をどうしたいの?何、延々と書いてていいの?そういう事なの?それほどに嬉しかったの?良かったねお前ら、ようやく初体験を済ませてきてね(あの、脳内で自然に会話するのやめてもらえますか)


ほんっとに私もね、一回は落ち着きたいものだが銀新に関しちゃどうも落ち着けないから困りものなんですよ。何だろう。銀新書いてるとメシ食わずして平気というか、何故か胃袋にまで萌えが詰まるようなのですよ(ほんっとこんなんを延々と続けていると言うか)

後々になってめちゃくちゃ腹減ってることに気付くんだけどね!でも人間の三大欲求である食欲すら萌えで満たしてくれる銀新ってすごくね(マジに)




前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31