EF81-134:2016/5/4

2016年5月の新潟遠征での撮影分から。


さて、新潟方から登場した真っ赤な『ぱーいちさん』ですが、その後は手際よく連結作業を済ませて出発時刻まで待機!

そうなればもちろん、時間の許す限り、プチ撮影会となるわけで御座います\(^O^)/



この日は雨模様だったせいか、他に撮影している人も1〜2名ほどで、ほぼ貸切状態でまたーりと記録♪

地元関西じゃ、こんな魅力的な被写体が走れば、毎週だろうが何だろうが、人だかりができて鬱陶しいんだろうなぁ…(-_-;)



てなわけで、上越妙高ゆきの特急『しらゆき』が到着するギリギリまで『SLばんえつ物語』の回送列車を堪能できたところで、新潟エリアでの鉄活動は締めくくり。

なんとなく名残惜しい気はしましたが、ぼちぼち帰宅の途につくことになりました…(´・ω・`)

EF81-134:2016/5/4

2016年5月の新潟遠征での撮影分からー。


さて、デーテンによる入れ換え作業でホーム脇の留置線に据え付けされた『SLばんえつ物語』の客車ですが、実はここからが本番!

新津から始発駅の新潟へ向かうには、もちろん機関車が必要なわけですが、しばらくするとその担当釜が登場で御座いますー(´∀`)ノシ



前夜の新潟mblg.tvでもシゴナナと入れ替わりで現れた、長岡の『ぱーいちさん』134号機ですねー。


西日本では滅多に見られなくなった濃いめの赤一色ボディに、電車を牽くことも可能な双頭連結器、さらには厳ついツララ切りと、改めて見ても魅力的な仕様♪

とりあえずまずは、新潟方から単機で留置線に進入してきたところを、シンプルに1枚パチリと捕獲しておきます…(´‐`)

DE10-1700:2016/5/4

2016年5月の新潟遠征での撮影分から!


さて、新津運輸区から突然現れたザリガニ1700号機ですが、いったい何を連れて戻ってくるのか…?(´Д`)



しばらくして後ろに繋げてきたのは、7両ほどのシックな色を纏った客車?!



はいー、『SLばんえつ物語』用に改造された12系客車ですねー\(^O^)/


土日祝日を中心に磐越西線の新潟〜会津若松間で運転されており、全区間をC57形蒸気機関車が担当することで有名な人気列車で御座います♪



実は今回の旅、締めくくりとしてこの『SLばんえつ物語』を狙って帰るつもりだったのですが、先に書いた帰宅難民リスク(?)を回避した関係で時間が合わなくなり、やむなく断念する結果にorz

まぁ天候がよろしくなかったのも諦めた一因でしたが(´・ω・`)



とりあえず、楽しみにしていたシゴナナは前夜の新潟でじっくり見れたし、こうやって翌朝には新津で朱いデーテンとの組み合わせにも出逢えたので、ひとまず釣果はあったということにしておきましょうかね…(^_^;)

DE10-1700:2016/5/4

おはようございます。


本日の『かもぶろ!』も、前記事に引き続き、2016年5月の新潟遠征での撮影分からお送りしますm(_ _)m


さて、朝の新津で電車やら気動車を狙いつつ、帰宅までの時間潰しをしていたわけですが、その合間に何やら留置線群の方で動きが…?(;´Д`)



7時半ちょい前になって運輸区からトコトコと出庫してきたのは、国鉄色のザリガニ1700号機。

長岡所属のナンバーですが、ここ新津に常駐していることが多いようですねー。




てなわけで、姿を現したあとは早速、係員さんの手旗合図で構内での入れ換え作業を開始(´ω`)

いったい何を牽いて戻ってくるでしょうかね…??

スチームタナビクヨル:2016/5/3








本当なら晴れた空の下で撮りたかったのですが、残念ながら叶わず。




あの漆黒の姿を捕らえることは、今後の宿題になりましたorz









前日のターミナル駅にて、夜空に揺れながら立ち上るスチームが、幻想的でよかったなぁ…。







(信越本線・新潟駅)







<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
プロフィール
ゆきのりさんのプロフィール
性 別 男性
誕生日 9月30日
地 域 兵庫県
職 業 職人
血液型 O型