646M:2014/12/30

昨年末の広島・山口遠征での撮影分からー。


安芸阿賀の駅に戻る途中、もう1本捕獲できたのでついでにご紹介(^_^;)


午前中に撮影した人mblg.tvとは別の編成ですが、こちらもカフェオレ色の113系が充当された広ゆきの普通列車でした。

5649M:2014/12/30

昨年末の広島・山口遠征での撮影分から。


貴重な黄色い103系、さらにもう1本捕獲!


こちらも京阪神エリアからのお下がりながら、一部更新工事を施工されたD-01編成!!

3本の広島103系のなかで唯一、側窓が黒いサッシのタイプに交換されているほか、日本で最後の現役0番台クモハを三原方に連結しており、ファンの間でも注目度がひときわ高い車両となっています(`・ω・´)





てなわけで、ここまで粘って時計を見ると、時刻は16時前。

もう少し長居してもよかったのですが、お目当ての車両をすべて捕獲できて気分は満足だったので、少し早めながら宿に戻ることにしました(´‐`)

5636M:2014/12/30

昨年末の広島・山口遠征での撮影分からー。


さて、呉線で鉄活動するうえで欠かせないのは、前記事の『瀬戸内マリンビュー』だけではありません…(´Д`)



実は、『瀬戸内マリンビュー』以上に撮りたかった人がこちら。



黄色い103系ですねー\(^O^)/



以前から広島地区では、京阪神エリアのお古として転属してきた103系が多数活躍していたのですが、今や減りに減って、この呉線で運用される3両編成が3本だけの陣容になってしまいました(´・ω・`)

しかし、これらの車両も新型車両での置き換えの第一候補と噂されており、今後の処遇しだいでは早々に消えてしまうかと。


てなわけで、この機会に是非とも記録しておきたかったのです。



こちらは、三原方に片町線からのお下がり、2500番台のクモハを繋いだD-02編成。

ケツ撃ちなのが残念ですな…(^_^;)

8237D『瀬戸内マリンビュー1号』:2014/12/30

おはようございます。


本日の『かもぶろ!』も、昨日に引き続き、昨年末の広島・山口遠征での撮影分からお送りしますm(_ _)m


さて、安芸阿賀近くのながーい鉄橋での一番のお目当てが、このブルーの塗装が爽やかな車両…。


快速『瀬戸内マリンビュー』ですねー(´∀`)ノシ



元は芸備線などで運用されていた一般ディーゼル車のキハ47 mblg.tvに大規模リニューアルを施され、観光列車として第二の道を歩むことになったこの車両。

前面にあしらわれたモニュメントと、大幅に拡張された側窓がよく目立ちますなー。



土日限定の運転ながら、広島から三原まで、海沿いの風光明媚な呉線を、ゆっくりまったりと走破します(´ω`)



遠征計画を立てた際、この列車を乗り鉄するプランもあったのですが、『大和ミュージアム』散策を優先したため、今回は渋々パスすることにorz

また次回に来たときは、是非とも…♪

653M:2014/12/30

昨年末の広島・山口遠征での撮影分から。


こちらも広始発の普通列車で行先は岩国ゆき、しかも充当されていたのは、黄色い115系で御座いますー(´‐`)ノシ



1982年に広島地区の新車として登場した115系3000番台、ほかの115系とは違って2扉の転換クロスシート車という異色の存在ですねー。

今春の改正で新鋭の227系がデビューすることが決まったわけですが、その前を遡ると30数年前に導入されたこのグループが新車としては最後だったわけで、あらためて『國鐵廣嶋』の凄さを実感…(-_-;)



ちなみにこの車両、よく見るとパンタグラフの位置が3両めの上り方に寄っており、どーやら中間2両に117系からの編入組である3500番台が混ざった編成だったようです。

そんな変わり種がごくフツーに存在するのも、広島エリアの魅力の1つだったりして…?
<<prev next>>
カレンダー
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アーカイブ