名鉄3500系3511F:2018/8/14

昨年8月の名鉄遠征での撮影分から。


さて、ここからしばらくは、30分間隔でやって来る急行吉良吉田ゆきばかりが登場する流れに…。

飽きがきそうな気もしますが、いろんな車両がやって来るので、意外とこれだけでも楽しめたりするわけで(^_^;)


続いてご紹介するのは、通勤形としては初めてVVVFインバータを採用した、3500系の3511編成。

前記事の6500系との違いは前面スカートの有無ぐらいしかないのですが、とりあえず現在の名鉄の主力として、あらゆる線区で見られる人ですね…。

名鉄6500系6422F:2018/8/14

こんばんは。


本日の『かもぶろ!』も、前記事に引き続き、昨年8月の名鉄遠征での撮影分からお送りしますm(_ _)m


さて、もうすでに次の展開がバレてますが、蒲郡線をふらりと訪れたあとは、西尾線に戻ってきてこんな場所へ。


米津〜桜町前間に架かる長い鉄橋、矢作川橋梁で御座います\(^O^)/

単線ながらガッチリしたガーター橋で、床下まで綺麗に写せるのが人気のポイントですが、ここでは西尾・吉良吉田方面へ向かうバリエーション豊富な車両たちをどんどん迎撃してまいりますー。


まずは、6000系の最終形態ともいえる6500系後期形の6422編成が充当された、急行吉良吉田ゆき!

爽やかな夏空に、赤い車体がよく映えるもんで…(´ω`)

名鉄6800系6819F:2018/8/14







海のつぎは、




川を見にきました。






名鉄6000系6213F&6209F:2018/8/14

昨年8月の名鉄遠征での撮影分から。


さて、蒲郡線沿線めぐりで捕獲した光景はもうひとつ…。



全線単線のこの路線、もちろん一部の駅では上下列車の行き違いが見られるわけですが、今回ご紹介するのは、吉良吉田の1つ手前にある三河鳥羽での1シーン(´ω`)

特急列車が闊歩する本線系統では6000系初期グループどうしの並びを見るのは難しくなりましたが、ここ蒲郡線では30分おきながらも日常的に遭遇することが可能だったり…(^_^;)



まだ当分後継車両への置き換えはないと思いますが、今のうちに記録しておいたほうがいいのかもしれませんねー。

名鉄6000系6013F:2018/8/14

昨年8月の名鉄遠征での撮影分から。


さて、西浦の海岸沿いで休憩がてらしばらくのんびりと過ごしたあとは、隣の駅・こどもの国へ歩いて移動。

その名の通り、駅から少し山を登ったところには『こどもの国』というレジャー施設があるようですが、基本的にはローカル線らしい長閑な沿線が続きます(^_^;)


ちょうど線路沿いの道を歩いていると、蒲郡ゆきが出発する時間が近かったので1本捕獲。

蒲郡線で活躍するのは、初期グループながらワンマン改造を受けた6000系の若番編成たち。

独特なスタイルも相まって、より一層ローカル感が強調されるようにも思えましたねー(;´ω`)
<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年07月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
プロフィール
ゆきのりさんのプロフィール
性 別 男性
誕生日 9月30日
地 域 兵庫県
職 業 職人
血液型 O型