剣が君forV◆縁


※自分の備忘録の為、思い切りネタバレしています。未プレイの方、ご注意下さい。
※また、あくまで個人の感想です。






縁さん、ある意味想像と全く違ったキャラでした。
幕府関係の貴き人っていうのは想像通り(家光出てくるまでは家光かな?と思ってた)。
でも、もう少し余裕ある大人の色っぽいキャラだけどでも出生や何かしらの背負ってるものがあるキャラ……と思っていて、まあ合ってたけど想像以上に良い意味で情けなかった!
大人の余裕はなくて、それより子どもっぽさの方があるというか。
香夜ちゃんを振り回す感じかなーと思ってたので一途に想いを口にしてきてびっくりでした。
かっこいいタイプかと思ったら可愛いタイプだった!
縁が香夜ちゃんを好きになった過程(ちゃんと叱ってくれる所とか)や、香夜ちゃんが好きという気持ちを自覚していく所が丁寧でよかったな〜〜。



粗筋書くの大変なのでエンド感想と総評だけ!
縁はエンドの好き嫌いがかなり分かれたキャラでした。(なのでエンドによっては辛口です)





◆幸魂エンド
前回実彰さんでは辛いエンドから見ちゃったから幸せなやつ見たい!
幸魂から高めてこーっと!







いや、





バッドやないかーーい!!!!!!!


いやバッドっていうかうーん!
まあこれをバッドと思うか幸せと思うかは人それぞれだと思うんですが。
私にはバッドかな…?(このエンドが好きな方いたらごめんなさい)

そもそももう会わないで欲しいと行ってるのに何回も料理茶屋に来て、そこまでならまだしも距離を置こうとして来た畑にまで来て、それはもうストーカーでは!!??
何度もニコニコくる縁さんがちょっと怖かった(笑)
でもほだされる香夜ちゃんとの掛け合いが夫婦漫才っぽくて可愛かったです。

しかし君ルート、縁さん何か背負っているのに解決しないまま香夜ちゃんに通いつめててこれはどうなんだ…と。
私はもっと徳川に縛られてたり、三日月宗近を扱えない葛藤をする縁さんが見たかったのに、これが幸魂なの!?と混乱するままクライマックス。
朝倉事件を食い止めるも、皆死んでしまって(実彰さん√では助かった鼓様と七重が死んだ…!)侍の生き方に空しさを感じて百姓となってエンディング。

これはこれで幸せなのかもだけど!何一つ解決してなくない!??完全に向き合う事を止め逃げちゃってるじゃん!?
それで縁は幸せなんか!?
おもわず本当に幸魂エンドなのか画面で確認したほど…。
百姓衣装の縁かっこいいし(髪型一番すき)、スチルも幸せそうなんだけど!
でも後日談も結局家光や辰影様の力を借りて(種芋の件)生きてるようにも思えてしっくり来ないエンディングでした。



◆荒魂エンド
なるほど…実彰さんは剣の道を捨てたい人たがら剣ルートがバッドっぽかったけど、縁は剣と向き合いたい人だから、これは剣ルートがハッピーエンドなんだな!荒魂やろ!!!!


おお!剣ルート!
縁がストーカーせず見たかった話キター!
剣ルートだと会わないでと言われたきり会いに来ずに、柳生様が来てくれるんですね。
水戸の剣取試合の八百長の話…ようやく縁が三日月宗近に持っている罪悪感のような態度の由縁がわかりました。だから使いこなせないのか、と、
剣取試合時の若い縁もいいし、スチル綺麗。スチルを触ったら聞けるボイスもよかったです。

家光も気性が荒い怖いと言われてるけどここまで見てる分には普通にいい人。
縁が三日月宗近はどんな存在か問うて、研ぎ師…いや、刀鍛冶。己という刀を三日月宗近で研いでみせよという台詞好きです(へっ!?と驚く縁の言い方もよかった)

途中、何もかも忘れてどこの誰とも知らない身分になって幸せな道もいいけど、剣を手にしていた自分と役割から逃げた事をずっと忘れられないだろうー…って話しててやっぱり幸魂はバッドなのかなー?と。

そしてクライマックス。孔魔壇に駆けつけようやく三日月宗近の力を出せた縁。
すごく好きな展開キター!
よかったね!ついに神おろしが!
生まれを政治に利用され、役目もこなせず、迷いぬいた先にようやく役目を果たせて!








って!!
バッドやないかーーい!!!!!!!!!(二回目/涙)

まさかの縁死亡エンド。
剣ルートと違って己と向き合っていき、真面目な縁の本質にも触れられてすごくよかったんですがマレビトにやられてしまいました。
いや…鼓様と七重死んじゃってたからおや?とは思ったんだけどこの流れでまさか縁死んじゃうとは思わなかったよ……!
また荒魂、途中まではすごく好きパターンでした。
すごくよかったんだけどなぁぁぁあ
後日談見て、改めて縁は周囲の幕府の人にも愛されてたよね、と。十兵衛つらかった。
共通ルートで厳しいと思っていた辰影様もエンディングでの台詞が悲しかった。
何故自分はのうのうと生きていて、縁が死んだのか。
「才あるがゆえ、信春は責められ、苦しみ、迷い、死んだのだ」という台詞で本当に辰影様は弟のことをわかってたんだな…と。そして辰影様の後悔が痛いほど伝わって後日談ぼろ泣きでした。


荒魂ルートって全部途中までいいのにもしかして全部悲恋みたいな感じなのだろうか…
というか、残り奇魂と和魂だけど私の思うハッピーエンドはあるのか!?
というドキドキを感じつつとりあえず剣ルートの方が好きなので奇魂エンドへ。



◆奇魂エンド
途中何度も死なないでくれ〜!と思ってたら、信春様エンドでした。

ある意味幕府エンドだけど、これもつらい;;
鼓様もやるせないし、これだと孔魔壇開いてないから神おろししてないんですよね。
お役目は果たしたんだけど、三日月宗近との決着はついてないのか…。

声も落ち着いててオッキーさすが。
実彰さんの奇魂同様こちらも後日談に救われました。
何度でもきっと縁は香夜ちゃんに惹かれるんだろうなって。
ずっと敬語で暗い顔だった香夜ちゃんが笑って縁さんって呼んだ時、嬉しかったです。



◆和魂エンド
田畑を手伝ってくれるまでは幸魂と一緒。
今度は普通に役目を果たし、ぼろぼろにならずに江戸で同心をする……これ最初にやってたらたぶんバッドだなって思うんだけど、幸、荒、奇、とやってもう幸せになってくれ頼む…と思ったのでほっこりドタバタエンドで楽しかった(笑)

螢が今まで絡んで来なかったから怖い人って感じだったけど、縁とドタバタしてるのよかったです。
でも江戸城に金の用立て行くのは!どうかと思うよ!(笑)



◆総評◆

やっぱり荒魂ルートが好きだなあ、途中までだけど!
最も縁が抱えてたものを自分の力で解消出来たエンドだと思うんですよね。神おろし的な意味で。(他のルートは抱えてたものをおろせたエンド)

八百長があったにせよ、十兵衛も縁にはもともと一番刀になれる素質や実力があったって言ってて、真面目に打ち込んで頑張ってた縁の過去を見てると、実力を宗近にわかって欲しかった…!くやしい!報われて欲しかった!
どんなエンドでも死なずに神おろしして喜ぶ縁が見たかったです。。

そして、二人目を攻略して、世界観もキャラもすごく好きなのにしっくりくるエンディングがない!もしかして自分は剣君のコンセプトを正しく理解してなかったのでは!?
と思い、公式サイトに行き、ネタバレしないようにレビューを漁り、ようやく納得をしました。

わかった、ハッピーとかバッドとかじゃないんだ。
剣の道を選んで侍としての生き様を全うするもよし、愛する人を選んで穏やかに暮らすもあり。
これはあくまで「剣」か「君」かのゲームなんだな、と。
私が理想だと思う荒魂のルートで幸魂エンド、というのはどっちも選んじゃってるからゲームのコンセプト的にあり得ないんだなーと(泣)
3人目からそれを念頭においてプレイしたいです。
本当にどっちも選べる隠しエンドとかない?おのれ岩D!(違)
でもこの究極さが、剣君の切なさを生み出してるんだろうなあ〜。

ちなみに縁好きなエンド順だと荒魂(途中まで)>和魂>奇魂>幸魂でした。

そして私はやっぱり役目を果たして報われて欲しい派なので剣ルートが好きかなと。

でも全部やったら最初にバッドだと思った幸魂の小さな幸せがとても有り難いものに思えました。
個人的な好き嫌いはおいといて、役目に縛られない生き方も縁にはありなのかな、と。
そして、私視聴した剣君キャラソン(ポチりました)だと一番縁が好きだったんだけどあの黄金色って実った作物の事だったんだな…と。感慨。


そしてなにより縁ルート、オッキーの声と演技が素晴らしかった!!!!
わりと馴染みのある声優さんだとその人にしか聞こえなくてあんまり…って事も多いのに完全に縁で。
おかげで縁の台詞はどれも飛ばせなかった。本当に本当に置鮎さんの演技素晴らしかったです。


そんなわけで次は左京さん。
なんかもう復讐を果たして死ぬエンドか、復讐をやめて穏やかに暮らすエンドの予感しかないんですが、楽しみ…!!!

剣が君forV◆黒羽実彰



※自分の備忘録の為、各エンディングの粗筋など思い切りネタバレしています。未プレイの方、ご注意下さい。

※また、あくまで個人の感想です。







贖罪の為に斬らないのは共通ルートでなんとなくわかってたので意外な秘密!とかはなかったんですがじんわりするルートでした。

ていうか本当にイラストが!!!綺麗!!!!

あと刀の名前が!それ知ってるー!なやつ!(笑)

そしてエンディングが4つもある事にびっくり。一つ目の荒魂ルートを見たあと慌てて既読スキップで全てみました。
そんなわけで4つのEDの粗筋&感想。
辿り着いたエンディング順に書きます。

◆荒魂(償いの為に剣の道に生きるエンド)
花嫁行列後、たまたま崖から落ちたのをきっかけにまた実彰さんと交流をしだした香夜ちゃん。
ある日、道場破りがあって実彰さんに助太刀を頼む事に。
道場破りの一件で実彰さんが姉の仇とわかったお松ちゃんから仇討ちを申し込まれ、そして何故人を斬らなくなったか、実彰さんの過去を明かされ(まあ共通ルートでなんとなくわかってたけど)…この辺から分岐。
荒魂ルートでは、仇討ち前にお松ちゃんに手紙を書いて実彰さんがいかにお姉さんを斬ってしまった事を悔やんで生きてきたかを事前に伝えます。
だから仇討ちに来て、さっぱりと実彰さんを殺さないと言うお松ちゃん。ちゃんと駿府の親戚に頼んでお墓があるか確認にいってる徹底ぶり。
仇討ちをするかしないかの話なわけだし少しでも判断材料が欲しかったんでしょう。お松ちゃんもエンディングによって行動が変わる子の一人。荒魂では冷静だったかな。
そしてお松ちゃんに赦された事によって、いや赦されてしまったせいで贖いとして人を守るために剣を振るう道を選ぶことになった実彰さん。幕府からの仕事を引き受ける事に。
引き受けた直後、香夜ちゃんの身を案じてもう会わないでくれと言う実彰さん。
そして朝倉宣正事件。荒魂では香夜ちゃん1人で洞窟に行き、捕まりかけた所を実彰さん登場。
鼓方眼達は早々に逃がしてます。さらにこの戦いでバンバン人を斬っちゃう実彰さん。
最初だから攻略も見ずに気にせずに〜とやっていた私ですが、ここの香夜ちゃんの台詞。
香夜(そうか……私は勘違いをしていたんだ。黒羽さんが選んだ道は、決して輝かしい道のりではない。人のために刀を振るうと決めても、人を手にかける痛みはなくならない)

これを見て、あっ、これもしかして幸せなエンディングじゃないやつだ!とようやく気付きました(遅)
赦されて剣の道に戻るまではわりと幸せそうに思えてたので私が実彰さんルートの本質を見えてなかったのかもしれない。
エンディングは江戸を守って満月の日は逢瀬、というわりとハッピーエンドな感じに思えたんですが、後日談がしんどかった。
結局刀を振るい続ける結果、闇の方に引きずられてしまい、更に自分といると危険も増すとわかり今度こそ本当に二度と会わない、どうか幸せに…という結末。
後日談までやると完全にバッドだ!ってなりました(泣)
このエンディングは、香夜ちゃんが実彰さんの剣は人殺しの剣ではなく、人を生かす剣だ、と守られてきた事に尊敬の念すら抱いてるストーリー。

一番最初に辿り着いたエンディングなので正直、私が思い描く実彰さんとのハッピーエンドに一番近かったエンディングでもあります。
私も攻略していく上で、実彰さんの剣の強さが好きだったので、罪を赦され、今度は守るために剣の道を行き二人で江戸で幸せに生きるエンド……を望んだんですが、まさかのそんなエンディングがなかった/(^O^)\
後々、君エンドの方をやって、剣を選ぶ時点で実彰さんは幸せじゃないんだな…と知りました。
私の思い描いたハッピーエンドと、実彰さんというキャラの本質が全く違っていた!
そんなわけで、荒魂エンドは私的にはとても惜し〜い結末でした。
一番最初にやるルートって、前章含め、スキップ使わずにじっくり読める唯一のルートだから思い入れもあるしわりと好きな結末になっちゃうんだよね。
幕府の仕事請け負いつつさ、一緒に幸せには無理でしたか…泣
やっぱり真っすぐな実彰さんらしい結末でもありました。



◆幸魂(剣を捨て、故郷を捨て、信仰と共に切支丹の隠れ里で幸せな家庭エンド)
つらい結末を見たので次は幸せなやつ見よ…と幸魂を高めていきました。

前回と違って絶対仇討ちを果たしたいと感情的なお松ちゃん。今度は香夜ちゃんは手紙で釈明をせず、神社に呼び出して話をして泣きじゃくる二人。
荒魂よりお松ちゃんのお姉さんの話が詳しく語られました。そして実彰さんの過去も詳しく。スチル出たー!
朝倉宣正事件は数珠丸の光に導かれ、二人一緒に洞窟へ。
すでに逃げようとしている鼓方眼、七重、長七郎に助太刀。このルートでは全部峰打ちなんだよなぁ。
結末は香夜ちゃんのお父さんの再婚話もきっかけに、香夜ちゃんが実彰さんと共に行く事を決め、二人で隠れ切支丹の里まで旅し、そこで幸せに暮らす、というもの。

このエンディングは、香夜ちゃんが実彰さんの出生に触れ、信仰を両親の気配のするものだと慈しむ実彰さんに寄り添うストーリー。

恐らく実彰さんエンドの中で最もハッピーなもの?かな。
実は私遙か3での将臣君楽園エンドとか九郎さんモンゴルエンドもそうなんだけど、新天地で暮らすエンドがあまり好きでなくて…!!
まあ少数派だとは思うんですが。なんとなく、現状のしがらみを置いて逃げてしまったように感じて…。(例えば九郎さんの恋愛エンドは九郎さんは逃避行だけど望美からすれば故郷に帰るものだから好き)
たぶん香夜ちゃんが父様の再婚あるから、と江戸を捨てる感じなのかひっかかってしまうのかなー。
でも後日談まで読むと父様に手紙書いてるし、やっぱりこのエンドはハッピーエンドですな、幸せになって…と思いました。後日談めっちゃほっこり!
隠れ切支丹ゆえの、剣の道に疲弊していた実彰さんゆえの、掴んだ幸せがこの形なんだと思う。
実彰さん√に出てきた人々同様に実彰さんの剣の腕もったいない!と私が思ってしまったから引っ掛かっちゃうだけで、全エンド見るとやっぱりこのエンドが実彰さんの望むものかなーと。

人物詳細ボイスの願いが叶うならで、いつか父親に会いにイスパニアに行きたいと行っていたので異国に二人で行くストーリーも見てみたくなりました。



◆奇魂(救われた命を、救ってくれた最愛の人を守る為に捧げる殉死エンド)

洞窟までのストーリーはだいたい剣√で荒魂と一緒。
洞窟では天下五剣の使い手+生け贄の生娘の条件が二組揃ってしまった為に、鼓様と実彰さんが剣を交える事に。
その最中に七重を朝倉が突き飛ばし、実彰さんは振り避けられたけど鼓様は斬ってしまい、七重を助けるため香夜ちゃんが二人を伴って外へ。残った実彰さんが命をかけて全身全霊賭して孔魔壇を封じる。
そして実彰さんの住んでいた庵に鼓様と七重が住み、香夜ちゃんは実彰さんの遺品である十字架にこっそり祈りながら実彰さんの帰りを待つという結末。

このエンディングは、香夜ちゃんが実彰さんの剣筋に憧れ惚れ込んで、その剣の腕を生かして欲しいと思ってしまったがゆえに実彰さんも役目を果たすストーリー。

やっぱり実彰さんに剣の道を求めると、そこに幸せな結末はないのか…!泣
実彰さんからしたら生きる術として身につけた剣の道なだけで、穏やかな平穏が望みなんだよね。

完全にバッド……だけれども、最も後日談が綺麗にまとまっていたエンディングだとも思います。
実彰さん亡き後、これ後日談どうなるのかなー?と思ったらハバキちゃん!!
そうきましたかー。泣き暮らす香夜ちゃんの手元に孫六兼元とハバキちゃん!
ハバキちゃんに後を託す時の、死に場所を探していたけど今こんなにも彼女と生きていたいって実彰さんがつらかった。
でもハバキちゃんがいてくれた事で、お互い託された事によって救われたんだな、と泣けました。
プレイヤー側にも救いをくれた後日談でした。



◆和魂(剣を捨て、江戸で安寧に暮らす料理茶屋エンド)

辛いものの最後にとっておいた和魂エンド!個人的にこの四つのエンドの中で一番好みではないやつです。

途中までは君√なので大体幸魂と一緒。
山中で逃げている最中の鼓、七重、長七郎に会って共闘する。(なぜか七重さんと張り合ったりする笑)
無事朝倉の陰謀を阻止した後、このまま見逃してくれという鼓様たちに、香夜ちゃんの案で、鼓様を幕府に紹介して長七郎様や七重の身も保証。
そしてお役目から解放された実彰さんは香夜ちゃんのお店でお婿さんとして料理を振る舞う…という結末。

このエンディングは、香夜ちゃんが穏やかな日常の中で人並みの幸せを得るストーリー。


いやーーー、後日談のらぶらぶっぷりとかはほのぼのするんですけどね!
実彰さんが所帯染みてしまったのがつらい!泣笑
このエンドも贖罪から、大典太の役目から解放された幸せなエンドなはずなんですが、私はやっぱり凛とした実彰さんが好き派。
料理茶屋で幸せそうな香夜ちゃんは最高なんですが。


◆総評
そんなわけで好きなエンドとしては、まんまプレイ順の荒魂(途中まで)≧幸魂>奇魂>和魂でした。
荒魂と幸魂の足したようなエンディングあればなー!
剣を捨てず、生かす為の剣の道をやりつつ切り支丹の里で幸せに……欲張りすぎなのかな。
まさかの私の理想と、実彰さんの望むものが違う…という事がありましたが、凛として強く優しい実彰さんよかったです。
罪に寄り添い、剣の腕に魅せられる香夜ちゃんもよかった。

実彰さんルート、なによりもよかったのが、実彰さんの「香夜さん」呼び!!!!
名前+さん呼び好きなので最高でした。


次はパッケージで対になってたり、実彰さんルートにも結構絡んできた縁行こうと思います。

剣が君forV◆前章(共通ルート)



※自分の備忘録の為、各エンディングの粗筋など思い切りネタバレしています。未プレイの方、ご注意下さい。



まずは共通ルート。
ネオロマ以外の乙女ゲーがめちゃくちゃ久しぶりすぎてああ、こんな感じだった、だったって感じにプレイ開始。
久々のノベルゲーも、ちょうど読み物に飢えてたんで難なく楽しめました。
共通ルートである前章があって、個別ルートが後章。

実は時代物にあまりハマれなくて(遙か好きなくせに)特に江戸時代はあんまり〜と思っていたんですが暴れん坊将軍にハマった結果、自分は幕末が苦手なだけだったんだ!とわかり、すんなり世界観に入り込めました。
長七郎様が出てきた時も、長七郎江戸物帖(ドラマ)で知ってるやつー!と興奮(笑)

さて、話を戻して。
共通ルートも読みやすく、花嫁行列…という事で旅してる感じが楽しい。
いろんな宿場町の特徴も出てて面白いです。
最初は一気に各勢力出てきて理解出来るかな?と焦ったけど、おそらく全ての勢力が話に関わってくるわけではなく、各キャラごとに関わってくる勢力が違うと思うので混乱はなさそうです。

冒頭でちらっと語られた黄泉の国に通じる場所の名前が日本の他界概念と繋がる場所ばかりでテンションあがったり。不勉強で孔魔壇だけ初耳だったんだけど、どこ発祥なんだろ?

共通ルート、キャラが初めましてから和気あいあいとしてくるのがいい。
香夜ちゃんもよきヒロイン!
私特にダメなヒロインっていたことないけど、香夜ちゃん好きですね。かわいい。

最初やってたら柳生さん攻略出来ないのか…いい声…と思ってたら川原さんなんですね!
そりゃいい声ですわ。
他にも、しらいむやるーりぃ、しーたむ、戸田さんと今そうそうたるメンツが脇を固めててびっくり。
しーたむは聞いたら一発でわかる声だからこんな所に!!と嬉しくなりました。

共通ルート、各キャラの参加背景をこっそり滲ませつつやってくれるのでわかりやすいですね。
キャラを選びやすいけど、縁や左京さんや実彰さんの独り言とか、そこまで言っていいの??なんとなくだけど正体とか背景とかわかっちゃうよ!個別ルートまで隠しててくれ!って思ってしまいました。
ネタバレせずにやりたい派なのに、共通ルートでガンガン背景が透けて見えちゃってそこは勿体ない気もしました。

まあ共通ルートである程度出しておかないと個別で急に秘密が明かされて、ついていけない…とかよりはいいのかな。完全に好みですかね。


半蔵がいなくなった後、花嫁衣装の着付けどうやったの!?(冒頭で自分じゃ出来ない的な事言ってたので)とかツッコミ所もありましたが、キャラ同士の和気あいあいが好きな私としては共通ルート楽しく読みました。

一番目の攻略は実彰さんから!
気になるキャラからやっていくタイプ。
まえぬの声が合ってなく感じて別のキャラから行こうかな〜とも思ったんですがやっぱり怜悧な武人は私のツボですから。


ネタバレしてないけど、なんとなーく、
九十九丸、螢→マレビト関係
縁、実彰さん→人関係
左京さん、鈴懸→妖怪関係

かな??と思ってるのでとっつきやすい人関係からいこうかなー、と。

しかしキャラが意外と見た目の第一印象と違ったりで驚きました。
左京さんはもっとゲットバッカーズの花月系で、表の顔は美少女おっとりかと思いきや全然男らしい荒っぽさがあるし。
螢も冒頭はもうちょい優しめかと思いきや厳しかったり。
実彰さんはもっと冷たいかと思いきや普通に優しいし。

中々新鮮です剣君!
どんどんやっていこうと思います。
次は実彰さん感想。

久々


きーやんを心配するブログで止まってましたが、翌週のライブをこなして、8.11のバースデーライブが楽しそうでめちゃくちゃ安心&嬉しかった!
それでもロデオが一生懸命仙台公演をやってくれた記録は消したくないので記事は残しておきます。

ロデオ仙台から色々イベント行ったり犬がすくすく育ったり色々あったんですけど、そっちはついったーで呟いてるので省略。

コルダにロデオにゆかりんに好きなものに囲まれた最近でした。

さて久々のブログ更新の理由は現在剣君プレイ中なのでその感想を書き留めておきたいな、と。
ゲームはちゃんとプレイ時に感想を書いておかないと詳細をあとから思い出せなくなっちゃうからね。
剣君は昔さくやに借りてちょっとやったんですがパソコン版で中々進められず断念してしまったので、今Vitaでやっております!


実はこっそりのんびり夢100をはじめたり、時代の流れと逆行してる気もしますが。
そんなわけでこれからぽつぽつ剣君感想を書いていく予定です〜。(といってもまだ実彰さんしか終わってない)
<<prev next>>
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ